最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

今までにないキャラ設定かもしれない。

今年度は、だいぶ自分自身の“キャラ”が確立している。 けれども、それって“演じている”のではなくて、どちらかといえば、素に近い自分なのかなと思う。 だからこそ、楽しい。 一言でいうならば… アホキャラ。 いや、これはマズイ… 印象が悪い。笑 なんという…

丸つけは、暇な仕事なのか。

職員室での丸つけ作業。 よく見かける光景だ。 ただ… 職員室での丸つけって、なんとなく「他にやる仕事がないんです」というメッセージが含まれている感じがする。 いや、決して丸つけをしている側からしたら、そんなことはないんだが。 周囲から見たら、そ…

立ち仕事。

授業中に… 座席に座っている教師を見かける。 テスト中などの、“作業中”であるならば、まだ分かる。 が、そうではなく、“普通”の授業中。 座っている状態から、指示を出している。 座っている状態から、子どもを指名している。 なんとも…不思議な光景。 とい…

バタンキュー。

研究授業1週間前。 指導案、一つもできていない。 なのに、思いは高まり… 自らで“授業”のハードルを上げている。 楽しい授業… 公言しているようなものだ。 追い込みすぎていやしないだろうか… ちょっと疲れている。 昨日は、本気でバタンキュー。

キャラが教材。

授業において、「教材」というのは、一つ重要なものとなる。 例えば… りんごが3個とみかんが2個、合わせていくつ? という問題。 メッシのサイン入りサッカーボールが3個とロナウドのサイン入りサッカーボールが2個、合わせていくつ? という問題。 バレ…

どうする、道徳。

学べば学ぶほど… 葛藤する。 今、道徳について学んでいる。 自分の思い描く“道徳”と… 研究で提案されている“道徳”と… 「偉い人」が本に書いてある“道徳”と… 知れば知るほど、葛藤する。 方法にこだわると… 子どもが見えなくなる。 方法ありきの授業ではない…

焦りの中での読書。

研究授業に向けて、読書中。いいなぁ。勉強になる。しかし、「焦り」がある。研究授業とかなければ、ここまで切羽詰まって読まないが…研究授業だからこそ、集中して読むという面もあるのだ。本当は、何にも追われずにじっくりと読めるのがいい。

暗唱教材。

今年度も「暗唱」に取り組んでいる。 毎朝、一斉に暗唱している。 現在、6つ目の詩文を暗唱中。 「子どもたちは、配布された暗唱教材(プリント)をファイリングとかしていますか?」 先ほど、同僚に聞かれた。 特にしていない。 (すすんで)ファイリング…

暗唱教材。

今年度も「暗唱」に取り組んでいる。 毎朝、一斉に暗唱している。 現在、6つ目の詩文を暗唱中。 「子どもたちは、配布された暗唱教材(プリント)をファイリングとかしていますか?」 先ほど、同僚に聞かれた。 特にしていない。 (すすんで)ファイリング…

疲れはたまるのか。

ただいま帰宅。 ちょっと…遅いな。 このペースだと、体が持たない… とは、よく言われることだが… 私は、体力がある方なのかもしれない。 確かに疲れてはいるが、翌日になれば、エネルギー全開になれる。 もちろん「なんだか疲れがたまっているな」と感じるこ…

最近の学び。

昨日は午後からサークル。学校公開の後だったので、ドタバタしたが、大変勉強になった。明日からの進むべき道が明確になる。今朝は5時から勉強会。月に一度開催している。お互いの1ヶ月を振り返る。最近は、「臨床発達心理士」の方も参加している。「教師」…

奮起。

GW明けからの1週間… 非常に疲れた。 体力的に。 今日は個人面談だった。 金曜日、まだまだ気は抜けず…。 そして… 明日も学校。 公開日だ。 午前中だけとは言え… ハード。 子どもたちも同じだろうに。 しかし、やる。 午後はサークル。 学ぼう。 頑張ろう。

衝撃の事実。

先日、32歳の誕生日を迎えた。 今日、衝撃の事実を知った。 今の大学生(20歳前後)と、一回り違う…。 いや、これビックリ。 そりゃ、“中堅”って言われるわな。 感覚は“若手”のつもりなんだけど、世間はそうは見てくれないんだろう。 いや、本当に驚いた…

リズムを取り戻す。

今日は5時台の退勤。 こんな時間は久しぶり。 特別“用事”があったわけではない。 が、この時間に帰ると決めていた。 そうでもしないと、やるべきことが次から次へと襲ってくる。 今、読書をしている。 道徳についての雑誌を熟読。 こういう時間もいい。 今…

目に見えないもの。

ただいま、電車の中。帰宅中。同じ車両に、明らかに3〜4歳だと思われる子どもを連れている母親が乗っている。「今、何時だと思ってるんだ!こんな時間にこんな小さな子を外に連れ出すなんて、どんな生活してるんだ」そんなことを一瞬思ってしまう。こうい…

攻めていく。

今週は6日間の登校日。 土曜が公開授業となっている。 さて、どうやって攻めていこうか…。

見直し。

仕事の仕方を少し見直していこう。 4月は突っ走りすぎた。 それでよかったと思っている。 が、これで5月もいくと、色々とガタがくる。 しかし… 今月末には、校内研の授業が控えている。 今年度一発目。 とりあえずの自分の中の標準は、そこだ。 効率的に仕…

GW明けに向けて。

今年のGWはのんびりと過ごした。 実家にも帰省した。 娘を連れて帰ったのは、初めてであった。 完全に仕事OFFモード… と言いたいところだが、頭の片隅には、常に仕事がONの状態。 けど、これは決して悪いわけではない。 こういうときに、ふとひらめくことが…

また、見た。

今年度6年担任。 またもや… 学級崩壊をする夢を見た。 指示が入らない。 嫌な朝だ。

脱・若手。

とあるところで、私のことが書かれていた。 そこでは「中堅の先生」という風に書かれていた。 そうか、私はもう「若手」ではないのか。 そんなことを思った。

過多。

やりたいことが多すぎる。 厳選されていない。 けど、どれもやりたい。 パッと思いつきのアイデアもあるけど、 実はそれが布石になるだろうとも想定できる。 色々やりたい。

いい感じ。

やっと、落ち着いた。 昨日までは怒涛の日々。 充実していたけど、体力的にいい感じだった。笑 4/24 通常授業 4/25 遠足(神奈川) 4/26 通常授業 4/27 実地踏査(栃木) 4/28 実地踏査(栃木) 4/29 セミナー(茨城) 今朝は8:0…

子どもから学ぶ。

今、茨城へ向かっている。先日、6年生の遠足があった。電車で長距離移動。その際、クラスの子が電車内で席を譲ろうとした。その場では「大丈夫ですよ」と遠慮されていたが、その子たちの行為を後日紹介した。席を譲る。当たり前のことに思えるが、今は色々と…

ただいま。

2日間の実地踏査から帰宅。 なかなか疲れた。 やっぱり、クラスで子どもたちと過ごしている方が楽しいな。 それでも、今回は参加者が全員6年担任。 クラス経営について色々と聞いてきた。 それはいい勉強になった。 明日は恩師主催のセミナー。 茨城まで行…

ブログの今後。

昨日、274日、およそ9ヶ月間、毎日更新し続けてきたブログがストップした。 昨年の7月24日から毎日更新し続けていたブログ。 最近では、「毎日書く」ということが目的となって更新していた。 もちろん、その「目的」を達成するにおいて、いろいろと自…

指示を通す。

今日はクラブ活動。4〜6年生が参加をする。私の担当は、スポーツクラブ。色々なスポーツを行うのだ。6年生が中心となって、出欠を確認。その後、準備運動、そして今日の内容の発表。「今日はドッジボールです」と6年生が伝えると、みんなは一目散にコートへ…

下見。

明後日は遠足だ。 電車などを乗り継いで、2時間ほど先のところ…。 なかなか遠出だ。 実踏には、4月頭に行ってきた。 が、そこから予定が少し変わり… いろいろと不安なので(私は心配性なのだ) 今日、家族で行ってきた。 妻は観光ができたようでよかった。…

残業はよくない。

新学期が始まって、ほぼ毎日帰宅が21時を過ぎている。 基本、私は朝型タイプであり、退勤も17時台が当たり前なのだが… この時期は、やりたいことが多くて(やらなければならないことも…)、覚悟を決めている。 クラス作りで大切な時期だからこそ、今に力…

2週間、経ちました。

今日で新学期が始まって約2週間が経過した。 この2週間、成果もあれば、課題も見えてくる。 今回は、この「課題」や「成果」がよりくっきりしている。 それは、日々の振り返りのおかげであろう。 とりあえず、今、感じている成果。 自学の導入→どハマりす…

学年主任。

教員8年目。 このキャリアになってくると、「若手」と言うには少し違和感を覚える。 「中堅」と言うまでもないかもしれないが… ただ、自分よりもキャリアが浅い人たちが周りにいる以上は、「それなり」の立場というものがある。 昨年度に異動して、初めての…

手書きの良さを実感。

振り返りを手書きで書いている。 「振り返り」とは言っているが… 自分の“その瞬間”の“思考”のアウトプットという方が適切かもしれない。 書きながら、考えが深まっていったり、整理されていったり… これ、やっぱり手書きがいい。 というか、キーボードで打つ…

スピード感。

最近になって、強く思う。 スピードって、大事だ。 やはり、ある程度のスピード感がないと、リズムが生まれない。 のんびりのんびり…これでは頭が回転しない。 音読や暗唱も、スピードよく読めないことには、始まらない。 もちろん、ゆっくりと読むこともあ…

半年かけて、謎が解ける。

以前、こんな記事を書いた。 taka-ichi-sensei.hatenablog.com 今から半年以上も前のことである。 この中に、私と息子の遊びの様子が描かれている。 その一部がコチラ。 「アチュ、アチュ」 この言葉から、どんな遊びが想像がついた方は、ぜひメッセージをく…

学年便り作成の時期。

学年の仕事の1つとして、「学年便り」というものがある。 毎月、保護者宛に出すものであり、そこには月の行事予定や学習予定、保護者へのお知らせが書いてある。 8月は夏休みなので、その月を除けば11回は発行することになる。 そして… その多くは、昨年…

手書きでの振り返り。

今年度から、日々の振り返りをノートに書いている。 始まって1週間とちょっと。 いい感じで続いている。 昨年度までは、パソコンで打っていた。 パソコンの方が、いろいろと使い勝手はいいのだが… 手書きの方が、自分のためにはなる。 何のための振り返りか…

いい疲れ。

つかれた。 けど、これはいい疲れ。 悪くない。

自学の復活。

個とのコミュニケーションが弱い。 自分は、そこが下手くそなのだ。 つくづく思う。 だから… 今年は“自学”を復活させよう。 最高のコミュニケーションツールとなる。 個との物語ができる。 よし、やろう。

椅子に座るタイミング。

初任の頃、指導教官に言われたことを、今でも覚えている。 「指導中(授業中)は、先生は椅子に座っている暇なんてないのよ」 とても穏やかな女性の方であったが、この時だけは本気で“指導を受けた”気がした。 実はその日の授業中、私は椅子に座っていた。 …

5分の保護者会。

本日、保護者会。 超タイトなスケジュール。 まずは、体育館にて4・5・6年の合同保護者会。 ここで学校長から、学校経営方針について話がある。 だいたいこれで20分。 その後、場所を移動して、学年保護者会。 ここでは、学年として共通の話がある。 学…

価値の共有。

この時期に、ここまで力を入れているのは、久しぶりかもしれない。 いや、毎年この時期には力を入れている。 今年は…280%くらい力を入れている。 この時期がどれだけ大切なのかがよく分かる。 今日、子どもたちの様子を見ていて… 私の価値ががっつり共有…

昨日の出来事。

昨日は、土曜公開。 始まって、3日目。 まだ学級もできていないのに、何を公開するんだろう… と思うところもあるが… この日に公開があるというのは、ずっと前から知っていたので。 逆を言えば、保護者の方にも授業を見ていただける日。 とっておきの授業を…

実践記録。

実践記録なるものを書いている。 日々の出来事を記録として残せることはとてもいい。 書きながらも、頭の中で整理ができるし、反省点にも気づける。 また、あとで見返したときに、現状との違いが分かる。 ただ… ブログにアップするということは、個人的なこ…

悩み。

今日で学級開きから2日目。 だんだんと軌道にのってきた。 今年もいいスタートダッシュが切れている感じはする。 もっと言えば… 毎年パワーアップしているとも言える。 昨年度実践したことは、ある意味で、自分の血となり肉となり… 今年度は、そこにさらに…

「子どもが伸びる102の授業術」その7を読んだ。

こちらの本を読み、学びをアウトプット。 子どもが伸びる102の授業術 (東書TMシリーズ) 作者: 多湖輝 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 1984/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『導入で「はてな、おかしいな」と思わせれば子どもは熱中する…

「子どもが伸びる102の授業術」その6を読んだ。

こちらの本を読み、学びをアウトプット。 子どもが伸びる102の授業術 (東書TMシリーズ) 作者: 多湖輝 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 1984/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『体を通して考えさせると理解も早く忘れなくなる』 考える、…

悪夢。

今朝、夢を見た。学級崩壊をする夢。決して、荒れているのではない。一見すると、普通の落ち着いた学級に見える。しかし…指示が全く通らない。反応が非常に鈍い。年に数回、こういった夢を見る。いよいよ明日、子どもたちと出会う。準備をしすぎて困ることは…

「子どもが伸びる102の授業術」その5を読んだ。

こちらの本を読み、学びをアウトプット。 子どもが伸びる102の授業術 (東書TMシリーズ) 作者: 多湖輝 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 1984/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『昨日と明日の指導で今日の見学の成果が決まる』 社会科見学…

『学級担任に絶対必要な「フォロー」の技術』を読んだ。

こちらの本を読了。 学級担任に絶対必要な「フォロー」の技術 作者: 中村健一 出版社/メーカー: 黎明書房 発売日: 2011/12 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (2件) を見る 今日は遠足の実踏。 その帰りの電車内で読んでいた。…

「子どもが伸びる102の授業術」その4を読んだ。

こちらの本を読み、学びをアウトプット。 子どもが伸びる102の授業術 (東書TMシリーズ) 作者: 多湖輝 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 1984/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『朝の笑顔と「おはよう」の声の調子がクラスのムードを決める…

初日に何を話すか。

新年度初日。 我が校には、人事により、新しい校長が来た。 「今度の校長先生は、どんな人だろう」 「ワンマンなのかな?それとも、親しみやすいのかな?」 「なんだか怖そうだなぁ」 いろいろな思いがある。 そして、職員会議で校長から話がある。 職員に対…